書道書


書の技法シリーズ

色紙の書き方

楽しい絵入り色紙・短冊の書き方[新版]

  • 平成26年7月10日発売
  • ISBN978-4-88664-264-6 C2371
  • 淡海書道文化専門学校教授 奥平朋子 著
  • 定価1,400円+税

新刊!

オールカラーの豪華お手本集!
誰でもすぐに始められる絵と色紙・短冊の書き方!


百人一首の書き方

百人一首の書き方[新版]

  • 平成26年4月15日発売
  • ISBN978-4-88664-258-5
  • 井上蒼雨
  • 定価1,500円+税

作品を美しく表現する散らし書きの技法を 
百人一首の作品でやさしく解説した独習書の新版。 


落款の書き方

落款の書き方

  • 平成19年5月31日発売
  • ISBN978-4-88664-174-8
  • 川邊尚風
  • 定価1,785円

署名・印・日付・堂号・表装・箱書きなど
書の作品を仕上げるために必要な初歩知識を
豊富な作品例で解説した初心者のための入門書


墨色の美しさと用具 

墨色の美しさと用具 

  • 平成13年9月6日発売
  • ISBN978-4-88664-069-9
  • 川邊尚風
  • 定価1,575円

作品をつくるときの墨と硯・紙・筆などの
用具(文房四宝)の実用知識
墨色と用具の相互間の微妙な関係を分かりやすく解説


鶴の描き方

鶴の描き方

  • 平成8年11月1日発売
  • ISBN4-88664-056-7
  • 段收然
  • 定価1,260円

性情は高浩、姿態は典雅。
開運、来福、多寿の鳥を描く


署名を創る

署名を創る

  • 平成10年4月7日発売
  • ISBN4-88664-059-1
  • 二瓶嶽風
  • 定価1,365円

自分らしい個性豊かな名前を書くために
(臨書)


変体がなと連綿の独習

変体がなと連綿の独習

  • 平成19年5月31日発売
  • ISBN978-4-88664-175-5
  • 井上蒼雨
  • 定価1,575円

作品づくりの力をつけるかなの練習法
現代かなの方法論を誰にもわかるように説いた待望の書


俳句百句かなの上達法

俳句百句かなの上達法

  • 平成12年7月19日発売
  • ISBN978-4-88664-064-2
  • 井上蒼雨
  • 定価1,575円

「かな」の知識や基本の技法を補習し、
俳句でかな作品の書き方をやさしく解説


百人一首の書き方

百人一首の書き方

  • 平成21年6月10日発売
  • ISBN978-4-88664-199-1
  • 井上蒼雨
  • 定価1,575円

作品を美しく表現する散らし書きの技法を
百人一首の作品でやさしく解説した独習書


中国風の書

中国風の書

  • 平成3年5月21日発売
  • ISBN4-88664-043-5
  • 堀江知彦著
  • 定価1,050円

日本と中国の名筆を掲げ、
両者の関わりを鋭く指摘しながら、
書道史の大きな流れが掴め、 
書を見る眼が養えるように工夫・解説した本。


和風の書

和風の書

  • 平成5年6月8日発売
  • ISBN4-88664-050-8
  • 堀江知彦著
  • 定価1,050円

わかりやすい名筆の知識と鑑賞の手引書。
棋界の権威がやさしく、 平易に説く内容は類がなく、
書道・茶道関係者待望の本


古筆

古筆

  • 平成5年6月22日発売
  • ISBN4-88664-037-0
  • 堀江知彦著
  • 定価1,050円

かな学習に欠かせない「かな美鑑賞」の入門書。
書としてのかなの美しさを作品の特徴に したがって分類し、
その美しさを分かりやすく論じた名筆鑑賞の手引書。


俳句の手紙

書法解説ビデオ
『書道技法講座(楷書編)』

  • 平成15年9月8日発売
  • ISBN978-4-88664-074-5
  • 井上蒼雨
  • 定価1,365円

ナレーションは、元NHKアナウンサーの加瀬次男先生

極めて格調高い書法解説ビデオとして完成しました。
書を愛する皆様が真にビデオに求めるものは何なのか、
また理解し易く表現するにはどうするかなど、
仮編集、 撮り直しを繰り返しながら検討に検討を重ねました。


修好400年記念事業として企画した日本書法院の書法解説ビデオが、
まる4年の歳月をかけて完成しました。

既に市販されているものは、 作品創りや書家のパフォーマンスに終始したものが多い中で、 書道を学ぶために最も大切な楷書の基本筆法を これほど克明に解説したものは、 おそらくこの「書道技法講座(楷書編)」が草分けとなることでしょう。

楷書は書道の基本中の基本、書歴や段級位とは関係なく、いつでもどこでも基本に戻り、正しい筆法を確認することが大切です。 わすれがちな基本の確認、反復練習に大変便利です。

一般書

書道書

日本書学館
http://www.shogakukan.ecnet.jp/

一般社団法人日本書法院
http://www.nihonshohoin.jp/

原稿募集

ページトップ
神保町の知道出版